メニュー

クリーニング・歯石の除去

歯石は、プラーク(細菌のかたまり)と呼ばれるネバネバが、唾液に含まれているカルシウムなどと結合して、石灰化して硬くなったものです。ハミガキでは落とせませんので、定期的に歯科医院で落とす必要があります。

歯石には、歯周病菌など多くの細菌の棲みかになっています。その細菌が歯茎の炎症を引きおこし、歯周病などの原因を作ります。歯周病は放置しておくと、歯を支えているあごの骨を溶かして、歯がぐらぐらになり、最後には歯が抜け落ちてしまいます。また全身の健康状態に悪影響を及ぼし、さまざまな大きな病気の原因となります。。

歯石の除去について

歯石の除去は、保険診療では通常二回の通院で終了しますが。歯茎の中まで歯石が出来てしまっている場合は数回の通院が必要な場合があります。

歯石は、誰でも付いてしまうものです。当院では、定期的な歯石の除去をお勧めしています。3ヶ月に1度のご来院が有効です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME