メニュー

親知らずの抜歯

親知らずは第3大臼歯と呼ばれる一番奥にある歯のことです。親知らずはむし歯や歯肉の炎症などの原因になりやすいため、注意が必要です。生え方によっては、抜歯が必要になることがあります。

親知らずは一般的に、20歳前後で生えるとされますが、その時期には個人差があり、生えない方もいます。また、4本ある親知らずのうち、数本のみが生える方や、一部だけが露出する方もいます。

抜歯が必要な親知らずについて

親知らずは様々なトラブルを引き起こすことがあります。現在、特に問題がなくても、近い将来トラブルが起こりそうな場合は、抜歯をした方がよいことを説明しています。抜歯を行う場合は、十分に説明し、納得をしていただいてから抜歯を行います。

親知らずが引き起こすトラブル!!!

むし歯

親知らずが斜めに生えてきたり、途中までしか生えて来ない場合は、歯ブラシが届きにくく、むし歯になりやすくなります。また、親知らずと手前の歯(第二大臼歯)の隙間に汚れがたまりやすくなり、手前の歯がむし歯になることもあります。mig
 
親知らずの抜歯を行っても後で問題が生じない場合が多いのですが、手前の歯(第二大臼歯)が大きな虫歯となり抜歯をしてしまうと、大臼歯(奥歯)は一本だけになってしまいます。できるだけ早い処置が望まれます。

歯肉の炎症

親知らずが斜めに生えたり、まっすぐ生えてきても途中までしか生えてこない場合は、歯と歯肉の間にプラークや食べかすがたまりやすくなり、親知らずの周辺が不衛生になります。これにより、親知らず周囲の歯肉に炎症が起きてしまいます。これは「智歯周囲炎」と呼ばれ、歯肉が腫れたり、痛みが生じます。images (1)
 
智歯周囲炎がひどい場合は、炎症が軽減してから抜歯を行います。

智歯周囲炎は繰り返すことが多く、日常生活に支障をきたすことも少なくありません。また妊娠中に智歯周囲炎となると、大きな負担となり、よく効く痛み止めも飲めなくなりますので、妊娠の前に抜歯をするようにお勧めしています。

 

歯根の吸収

親知らずが手前の歯に食い込むように生えてくると、手前の歯の歯根吸収(根っこが溶けてしまうこと)を引き起こしてしまう場合があります。歯根吸収が進むと、親知らずだけでなく手前の歯の抜歯も必要になることがあります。

口臭

親知らず周辺は不衛生になりやすいことから、口臭の原因になってしまう可能性もあります。炎症によって歯肉に膿がたまったり、むし歯が進行したりすることも臭いの原因になります。

歯並び

親知らずが原因で歯並びが悪くなることがあります。親知らずの抜歯を行っただけで歯並びが良くなることもあります。

のう胞

親知らずのまわりにのう胞ができることがあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME